フラダンスの範疇につき久々のメークに苦戦

来週、地域の文明会館で毎日、楽しんでいるフラダンスを部類で踊ることになりました。初めての種目です。
一緒に訓練やる部員は、要望がある度、病院やお祭り事柄へ出掛け、有志働きを通していてことさら特別の事例ではないけれどフラダンス初心者の私にとって社会で踊るなんて初めての事例ですです。幾度となく声を掛けられなんとか決心した一大事なのです。
実習として3層ぶりに新調する着こなしを一緒に作ったので部員とシンクロする舞踏が出来ます。髪デコやレイも購入して曲の連想を胸に微笑を見つけることが大切でした。種目に演技を依頼をしている一団ごとにリハーサルのスケジュールが組まれ、乗り配列やナレーション、灯、音楽の機会をあわせました。部員と後は即日を待つだけだねと離れましたが、あんまり大問題があります。種目用のメイクアップです。クラシックバレーや人形スケートのアスリートが参加直後のレポートを受けるVTRが頭をよぎり、不安な気と、何故か未知の事例への好奇心でわくわくしていました。若い時から簡単なメーキャップを通していたので、視線のがたいや鼻を高くして彫の奥深い顔つきに見える化粧品を購入しなくてはなりません。まるで視線と、近くのドラックストアへ赴き、ビューラーとマスカラ、アイライン、アイシャドウを選びました。
家に帰り、封を切ったメーキャップ機材を客席の上に並べ鏡に向かいました。ビューラーでカールし、マスカラをぬり、アイラインを閉じ込める時分何度かまばたきをしたため涙が出て、視線のコネは黒ぐろ放棄顔つきそのものです。今日は流すしかないけれど、来週までにはメーキャップを上達したいです。xn--t8jl0a0q8a6979al3aw200b.jp

フラダンスの範疇につき久々のメークに苦戦